SHUKUGAWA

Admission Requirements
2021-2022

Marie International School
Pre-school/kindergarten/Primary School

EnglishJapanese

Welcome to MIS 2021-2022

Mission statement
〜私たちの理念〜

“From action to motivation.”
実⾏するという意欲、⾏動

MISは家族やコミュニティとの協⼒で、未来を担う⽣徒たちが、⽣涯学習に向けて、また責任をもちグローバルに躍進することができるように効果的かつ⾼品質な学習環境を創造していきます。

学び、作業、⾏動に焦点を当て、⼦供それぞれの個⼈的な特質を中⼼としたカリキュラムを通して、持続可能な責任を育むことで、⽣徒たちの最も重要な可能性を⾼めることを⽬指しています。

コミュニティー⾏動、異⽂化的思考⼒、すべての⽣命に対して尊厳を持つ思考能⼒、それを尊重する能⼒を育みます。

”Who we are”

私たちマリーインターナショナルスクールは東京/⻘⼭、兵庫/夙川に位置しますインターナショナル保育園とインターナショナル⼩学校です。

当校の実践哲学として、⽣徒たちが⾃⽴した考えを持ち、⾃信を深め、創造性を⾼め、責任を持ちグローバルに対応した思考になることを学ぶ必要性を⾮常に重要だと考えています。

当校は、教育⽂献として「学び、⾏動、協⼒」を促進し、学⽣の社交精神、感受性の発達にそった⽂献を提供するべきだと考えています。 学⽣たちは学習の価値や学習能⼒の発達を⾃ら理解していき、また教師は⽣徒それぞれの成功に必要な資格を得ることに最⼤限サポートしていきます。

Our core values:

QUALITY:
私たちは教育を学ぶ多様なコミュニティを提供することに尽⼒しています。

ACTION AND MOTIVATION :
⽣徒たちに、⼤きな可能性に達する努⼒を促すために、有効な教育や学習環境を作り出すことに専念しています。 ⽣徒は教育や学習環境を創造することに尽⼒しています。

IN-DEPTH UNDERSTANDING :
学術的なカリキュラムは有効なコミュニケーション、常に疑問を持つ思考、問題解決を通じてそれぞれの学⽣に個⼈的・学術的な可能性を開発するように設計されています。

HUMAN EXPERIENCE :
個⼈の価値や個⼈の評価を基盤として個⼈の価値やオープンな⼼、他者に対する尊敬を基盤に築くことを捧げます。 私たちは、⼦どもたちの学問的優秀さと個⼈の価値観を⽀える基礎を築くことに尽⼒しています。

GLOBAL SIGNIFICANCE:
私たちのカリキュラムは、私たちの学⽣の間で善良な市⺠権、コミュニティの精神、団結性を評価するように設計されています。

Admissions Timeline

第1期募集開始は12⽉半ば〜1⽉にかけて⾏われます。

第2期募集定員に空きがある場合のみ来年の3⽉中旬に応募を開始いたします。現時点では全グレードの応募者が適⽤される可能性があります。

第1期当校⽣徒向けの応募者についてのPrimary 1の書類審査、⾯接審査会は通常12⽉〜1⽉にかけて⾏います。⾯接審査会の⽇程については別途お知らせいたします。

当校以外の応募⽣についての募集は12⽉後半から始まり、書類審査、⾯接審査会は1⽉から2⽉に⾏われます。

2021年1⽉に第1期の全ての応募者の⼊学願書申請が終了します。 ⼊学決定は通常2⽉〜3⽉上旬に始まる。

申し込みの流れ

School Tour 申し込み
(mailまたはお電話にてお問い合わせください)
School Tour
( School Tour formのご提出をお願いします)
⼊学願書提出(12⽉半ば〜1⽉)
書類審査/⾯接審査会/⼊学テスト(1⽉)
⼊学⼿続き書類提出(1⽉〜2⽉)
Admissions Review
⼊学決定通知(2⽉〜3⽉上旬)
(emailにてお知らせいたします)
Tuition and other fees payment(2⽉〜3⽉)

⼊学願書申請書類
Primary School (Primary 1 - 6)

Application Form(⼊学願書)
最新の内申書/成績報告カード(可能であれば)
2名の先⽣による推薦状
Screening/test result
Contact Information
Application Fee ¥11,000

⼊学願書申請書類
Kindergarten/Preschool

Application Form(⼊学願書)
最新の内申書/成績報告カード(可能であれば)
1名の先⽣による推薦状
Contact Information
*さらに情報を求める場合もある
Application Fee ¥11,000

“ご両親の⾔語の要件”

英語はMISのすべてにおいてのコミュニケーションツールです。英語を第⼀⾔語としてご家庭で使われていらっしゃらないご両親は、お⼦様と⼀緒に教師との英語でのコミュニケーションをご理解いただく努⼒とお⼦様の教育をサポートしていただく必要があります。

“推薦状に関して”

推薦状は、先⽣が⼦供の秘密情報を提供する許可書が含まれています。推薦状は、⼦どもをよく知っている先⽣によって書かれ、⼦どもの学術的な成績や⾏動の評価を報告していただきます。 ⼊学希望⽣にとって、⼀番の推薦者は⼦供の最も親しい教師です。先⽣に推薦状の記⼊をお願いしてください。

“英語以外の⾔語について”

英語が好ましいものでありますが、英語以外の⾔語で提出することが可能です。

“Age and Grade Placement”
年齢と学年の位置づけについて

Kindergartenの⼊学に際し、⼀般的に誕⽣⽇が9⽉1⽇以前か以後かで分かれます。 ⼊学年9⽉1⽇までに3歳を迎えられた⽣徒はKindergartenに⼊学可能です。それ以前の年齢の⽣徒はPreschoolになります。 これらの資格の条件に例外は与えられないことに注意して下さい。 Primary 1の⼊学に関しましては⼊学年の9⽉1⽇より以前に6歳を迎えられた⽣徒が⼊学可能です。 Primary 1の⼊学応募者で、⽇本の他の幼稚園を卒業⾒込みの⽣徒も⼊学願書申請可能です。

Entering Grade Age by September 1st
Primary 1 6
Primary 2 7
Primary 3 8
Primary 4 9
Primary 5 10

“書類審査/⾯接審査/⼊学テスト“

⼊学願書を提出された⽣徒は学校の推薦書、成績報告書、英語テストにより厳密に⼊学審査会を開き考査されます。

⼊学決定の前に上記またはそれ以外の審査会を開くこともあります。⼊学発表は2⽉から3⽉上旬に⾏われます。

The curriculum of Marie International School

“Education is a lifelong process”

English Language:英語

Language is fundamental to learning, thinking and communication. Marie International Schoolʼs curriculum is dedicated to promoting teaching in an authentic context. Consequently, the students learn the foreign language by practical application through speaking,listening, reading and writing to understand and express their ideas and opinions. Additionally, MIS facilitates the application of the modern learning methods by word networking, associations, listening and reading, essentiality and personal relevance, as well as dynamic repetition. Marie International School is committed to stimulating the confidence of MIS students, moreover the ability to express accurately and fluently. English is the primary language in the school.

⾔語は学習、思考、コミュニケーションの基本です。 マリーインターナショナルスクールのカリキュラムは、本物の⽂脈での授業を推進することに⼒を⼊れています。 その結果、⽣徒たちは⾃分の考えや意⾒を理解し表現するために、話す、聞く、読む、書くなどの実践的な⽅法で外国語を学びます。 さらに、MISでは、単語のネットワーキング、連想、リスニングとリーディング、本質的な内容と個⼈的な関連性、そしてダイナミックな繰り返しなど、現代的な学習⽅法の応⽤を促進しています。 マリーインターナショナルスクールでは、MISの⽣徒の⾃信を刺激し、さらに正確で流暢な表現⼒を⾝につけることに⼒を⼊れています。 学校では英語が第⼀⾔語となっています。

Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。
(English)

  • Express opinions about stories, characters, and events,
  • Write, with guidance, about experiences, stories, objects orevents in a personal journal,
  • Show curiosity and ask questions about language,
  • Ask questions for clarification and further explanation,
  • Listen attentively and respond appropriately in discussions,
  • Communicate ideas and information and follow rules ofconversation.
  • 物語、登場⼈物、出来事について意⾒を述べることができます。
  • 個⼈的な⽇記に、経験、物語、物、出来事について、指導を受けながら書きます。
  • 好奇⼼を⽰し、⾔葉に関する質問をする。
  • 疑問点を質問して明確にし、さらに説明する。
  • 議論の場では、よく⽿を傾け、適切な対応をしましょう。
  • アイデアや情報を伝え、会話のルールを守る。

Mathematics:数学

Students develop their understanding of mathematical concepts in realistic contexts so they can recognize the power of mathematics for describing and analyzing the world around us. They inquire into relationships interact with manipulatives and engage in conversations with others. They develop fluency with basic number facts and essential skills and use these to solve problems, representing their thinking and solutions using the language of mathematics and symbolic notation. Marie International School provides a balanced program to explore studentʼs understanding of data handling, measurement, shape and space, pattern and function, numbers.

⽣徒は、現実的な⽂脈の中で数学の概念を理解し、⾝の回りの世界を説明し分析するための数学の⼒を認識できるようになります。 ⽣徒は関係性を探り、マニピュレータを使って他の⼈と会話をします。基本的な数の事実と基本的なスキルを⾝につけ、問題を解決するために、数学の⾔語と記号表記法を使って⾃分の考えと解決策を表現します。 マリーインターナショナルスクールでは、データの取り扱い、測定、形と空間、パターンと関数、数の理解を深めるバランスのとれたプログラムを提供しています。

Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。
(Math)

  • Use the whole numbers up to 100 in real life situations,
  • Understanding and use vocabulary to describe shape, including face and edge,
  • Begin to use appropriate math strategies,
  • Begin to be able to explain how a problem can be solved,
  • Begin to use standard units of measurement to solve problems in real-life situations involving length, mass, money and time.
  • 実⽣活の場⾯で100までの整数を使⽤します。
  • ⾯や縁などの形状を表す語彙を理解し、使⽤することができる。
  • 適切な数学の戦略を使い始める。
  • 問題の解決⽅法を説明できるようになる。
  • ⻑さ、質量、⾦額、時間を含む実⽣活での問題を解決するために、標準的な測定単位の使⽤を開始します。

Science:理科

Science in Marie International Schoolʼs curriculum allows students to explore it in the context of exploration of behaviors, interrelations among the natural, physical and material worlds. It encourages curiosity and permits to construct and challenge studentsʼ understanding of the world by combining scientific knowledge with reasoning and thinking skills. The scientific process promotes practical learning by experience and inquiry to enable the student to make informed and responsible decisions. Marie International School develops scientific concepts and knowledge through hypothesizing, observations and thinking critically about findings. Marie International Schoolʼs Primary Years Program focuses on learning about living things, Earth and space, materials and matters, forces and energy.

マリーインターナショナルスクールのカリキュラムでは、⾃然界、物理界、物質界の間の相互関係、⾏動の探求の⽂脈でそれを探求することができます。 科学的な知識と推論⼒、思考⼒を組み合わせることで、好奇⼼を刺激し、世界に対する⽣徒の理解を構築し、挑戦することを可能にします。 科学的なプロセスは、学⽣が⼗分な情報に基づいた責任ある決定を下すことができるように、経験と探求による実践的な学習を促進します。 マリーインターナショナルスクールでは、仮説を⽴て、観察し、発⾒したことを批判的に考えることで、科学的な概念と知識を⾝につけていきます。 マリーインターナショナルスクールの初等部プログラムでは、⽣物、地球と宇宙、物質と物質、⼒とエネルギーについて学ぶことに重点を置いています。

Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。 (Science)

  • Know the process of how plants are harvested and used through the seasons,
  • Know that changes occur in daily and seasonal cycles and their effects on living things,
  • Know that habits of people change in different seasons,
  • Know the characteristics and movements of objects, Know the phases of the moon,
  • Know how to measure weather in terms of temperature, perception, cloud cover, wind speed and direction.
  • 季節を通じて植物がどのように収穫され、利⽤されるかを知ることができる。
  • ⽇常や季節のサイクルの中で変化が起こり、⽣物に与える影響を知る。
  • 季節によって⼈の習慣が変わることを知っておきましょう。
  • 物体の特徴や動きを知る、⽉の満ち⽋けを知る。
  • 気温、知覚、雲量、⾵速、⾵向など、天気の測り⽅を知る。

Social Studies:社会科

Social Studies encourage curiosity and develop an understanding of people concerning the past, present, future. Tailored with the awareness of personal and cultural identities through social studies, as well as the skills and knowledge needed to participate actively in their classroom, their school, their community, and the rapidly changing world. Marie International School aims to develop studentsʼ understanding of the world in a historical and geographical perspective and examines the role of individuals in communities.

社会科は、好奇⼼を奨励し、過去、現在、未来に関する⼈々の理解を深めます。 社会科を通して、個⼈や⽂化的なアイデンティティを意識し、教室、学校、地域社会、そして急速に変化する世界に積極的に参加するために必要なスキルと知識を⾝につけることを⽬的としています。 マリーインターナショナルスクールでは、歴史的・地理的な視点から世界を理解し、地域社会における個⼈の役割を考察することを⽬的としています。

Marie International Schoolʼs Social Studies explore:
マリーインターナショナルスクールの社会科は以下の探究をします。
(Social Studies)

  • Human systems and economic activities,
  • Social organization and culture,
  • Continuity and change through time,
  • Human and natural environments,
  • Resources and the environment.
  • ⼈間のシステムと経済活動。
  • 社会組織と⽂化。
  • 時間を通した連続性と変化。
  • ⼈間と⾃然の環境。
  • 資源と環境。

Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。
(Social Studies)

  • Identify roles, responsibilities, and rights at home and at school,
  • Symbols of Japan and comparison to other countries,
  • Read simple maps,
  • Examine technology in daily life,
  • Examine how the environment affects daily life.
  • 家庭や学校での役割、責任、権利を特定します。
  • ⽇本のシンボルマークと諸外国との⽐較。
  • 簡単な地図を読む。
  • ⽇常⽣活の中での技術を検討する。
  • 環境が⽇常⽣活にどのような影響を与えているかを調べる。

Personal, Social and Physical Education
PSPE:個⼈・社会・体育教育1

Marie International School considers an individualʼs wellbeing through the promotion and development of concepts, knowledge, attitudes, and skills that contribute to it. Wellbeing is intrinsically linked to all aspects of a studentʼs experience at school and beyond. It encompasses physical, emotional, cognitive, spiritual and social health and development, and contributes to an understanding of self, to developing and maintaining relationships with others, and to participate in an active, healthy lifestyle.

マリーインターナショナルスクールでは、個⼈のwell beingに貢献する概念、知識、態度、スキルを促進し、開発することで、個⼈のwell beingを考慮しています。 Well beingとは、⽣徒が学校や学校外で経験するあらゆる側⾯と本質的に関連しています。 ⾝体的、感情的、認知的、精神的、社会的な健康と発達を含み、⾃⼰理解、他者との関係の発展と維持、活発で健康的なライフスタイルへの参加に貢献します。

Personal, Social and Physical Education
PSPE:個⼈・社会・体育教育2

Marie International School promotes learning of physical movement by exploring the skills associated with becoming aware of the strengths and discipline. Physical activity is an essential aspect of a balanced, healthy lifestyle and learning through self-esteem, confidence, cooperation and fitness. Marie International School popularizes an active and healthy lifestyle, movement and interaction. Additionally, the school encourages the students to develop positive attitudes and behaviors and self-identity, use appropriate social skills when interacting with others in the range of situations, and learn to communicate and manage the feeling, emotions and opinions.

マリーインターナショナルスクールでは、強みと規律に気づくことに関連したスキルを探求することで、⾝体運動の学習を推進しています。 ⾝体活動は、⾃尊⼼、⾃信、協調性、フィットネスを通じたバランスのとれた健康的なライフスタイルと学習に⽋かせないものです。 マリーインターナショナルスクールでは、アクティブで健康的なライフスタイル、運動と交流を普及させています。 さらに、肯定的な態度や⾏動、⾃⼰アイデンティティーを⾝につけ、様々な状況で他者と交流する際に適切なソーシャルスキルを使⽤し、感情や感情、意⾒を伝え、管理することを学ぶことを奨励しています。

Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。
(PSPE)

  • Know and recognize the importance of regular exercise in the development of wellbeing,
  • Know and reflect on the interaction between body systems during exercise,
  • Know how to express hopes, goals and aspirations,
  • Know how to solve problems and overcome difficulties with sense of optimism,
  • Knows how to use self-control to deal with anger or excitement.
  • 健康づくりにおける定期的な運動の重要性を知り、その重要性を認識する。
  • 運動中の⾝体システム間の相互作⽤を知り、反省する。
  • 希望や⽬標、向上⼼の表現⽅法を知っている。
  • 楽観的な感覚で問題を解決し、困難を乗り越える⽅法を知っている。
  • 怒りや興奮に対処するための⾃制⼼の使い⽅を知っている。

Arts ‒ dance, drama, music and visual arts
芸術 ‒ ダンス、演劇、⾳楽、視覚芸術1

The powerful mode of communication through which students explore and construct a sense of self and develop an understanding of the world around them. Arts provide students with a wide range of opportunities and means to respond to their experiences and engage with historical, social and cultural perspectives. The students are stimulated to think in new ways and articulate their thoughts through a variety of media and technologies.

⽣徒が⾃分⾃⾝の感覚を探求し、構築し、周囲の世界を理解するための強⼒なコミュケーション⼿段です。 芸術は、⽣徒の⾃分の経験に対応し、歴史的、社会的、⽂化的な視点に関わるための幅広い機会と⼿段を提供します。 学⽣は、様々なメディアやテクノロジーを通して、新しい⽅法で考え、⾃分の考えを明確にすることを刺激されます。

Arts ‒ dance, drama, music and visual arts
芸術 ‒ ダンス、演劇、⾳楽、視覚芸術2

The curriculum recognizes that not all learning can be supported solely through language and that arts as a medium of inquiry also provide opportunities for learning, communication and expression. Learning about and through arts is fundamental to the development of the whole child, promoting creativity, critical thinking, problem-solving skills and social interactions.

カリキュラムは、すべての学習が⾔語だけでサポートできるわけではなく、探求の媒体としての芸術もまた、学習、コミュニケーション、表現のための機会を提供します。 そして芸術を通して学ぶことは、創造性、批判的思考、問題解決能⼒、社会的相互作⽤を促進し、⼦供全体の発達の基本となります。

(Visual art:ビジュアルアート)
Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります

  • Develop the powers of their observation,
  • Consider the purpose of artwork from different times, places and a range of cultures,
  • Combine different formal elements to communicate ideas, feeling and their experiences,
  • Identify and make choices of materials, tools and processes with guidance,
  • Develop artistic skills through experimentation with shape, color, line, space, texture to create artworks,
  • Create 2D and 3D artwork from direct observation.
  • 観察⼒を養う。
  • 時代や場所、⽂化の違いから作品の⽬的を考える。
  • 異なる形式的な要素を組み合わせて、アイデア、感情、およびそれらの経験を伝えるために。
  • 指導を受けながら、材料、道具、プロセスを特定し、選択することができる。
  • 形、⾊、線、空間、テクスチャーなどの実験を通して、芸術的なスキルを⾝につけ、作品を制作します。
  • 直接観察して2Dや3Dの作品を作成します

(Drama:ドラマ)
Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。

  • Explore familiar themes and characters through improvisation and roleplay,
  • Act out their own and well-known stories, using voices for characters,
  • Explore basic bodily movements and the use of space,
  • Explore familiar roles, themes and stories dramatically,
  • Work individually or in groups with confidence,
  • Discuss why they like a performance, recognize likes and dislikes regarding music, sound, movement, dance and design in classroom dramatizations.
  • 即興やロールプレイを通して、⾝近なテーマやキャラクターを探求します。
  • 登場⼈物の声を使って、⾃分の物語や有名な物語を演じてみましょう。
  • 基本的な⾝体の動きや空間の使い⽅を探る。
  • ⾝近な役柄やテーマ、ストーリーをドラマチックに探る。
  • 個⼈またはグループで⾃信を持って取り組む。
  • なぜパフォーマンスが好きなのかを話し合ったり、⾳楽、⾳、動き、ダンス、デザインに関する好き嫌いを認識したりします。

(Music:⾳楽)
Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。

  • Become familiar with the basic of traditional, melodic and rhythmic notation,
  • Sing songs from a variety of times and cultures,
  • Use a variety of instruments with care and control,
  • Interpret and use visual symbols to represent sounds,
  • Respond to different music, giving the reasons for preferences.
  • 伝統的な譜⾯、メロディック譜⾯、リズミック譜⾯の基本に慣れる。
  • 様々な時代や⽂化の歌を歌いましょう。
  • 様々な器具を丁寧にコントロールしながら使⽤してください。
  • ⾳を表現するために視覚的なシンボルを解釈し、使⽤します。
  • 好みの理由を述べて、異なる⾳楽に対応する。

(Dance:ダンス)
Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。

  • Explore familiar themes and characters through improvisation and roleplay,
  • Act out their own and well-known stories, using voices for characters,
  • Explore basic bodily movements and the use of space,
  • Explore familiar roles, themes and stories dramatically,
  • Work individually or in groups with confidence,
  • Discuss why they like a performance, recognize likes and dislikes regarding music, sound, movement, dance and design in classroom dramatizations.
  • 即興やロールプレイを通して、⾝近なテーマやキャラクターを探求します。
  • 登場⼈物の声を使って、⾃分の物語や有名な物語を演じてみましょう。
  • 基本的な⾝体の動きや空間の使い⽅を探る。
  • ⾝近な役柄やテーマ、ストーリーをドラマチックに探る。
  • 個⼈またはグループで⾃信を持って取り組む。

Information and Communication Technology
ICT:情報通信技術

Recognize the increasing impact of information and communication technologies on teaching and learning. Therefore, the use of technologies is integrated as much as possible into student inquiries. ICT provides opportunities for the enhancement of learning, and may significantly support students in their inquiries, and in developing their conceptual understanding. Technology is considered as a tool for learning. Moreover, Marie International School supports the transdisciplinary The Primary Years Program of inquiry within the areas of investigating, creating, communicating, collaborating, organizing, and becoming responsible digital citizens.

情報通信技術が授業や学習に与える影響が⼤きくなっていることを認識しています。したがってテクノロジーの利⽤は、学⽣の問い合わせに可能な限り利⽤されています。 ITCは学習の強化のための機会を提供し、学⽣の問い合わせや概念理解の発展を⼤きく⽀援する可能性があります。テクノロジーは学習のためのツールとして考えられています。 またマリーインターナショナルスクールは、調査、創造、コミュニケーション、共同作業、組織化、責任あるデジタルシチズンになることへの学際的なプライマリーイヤープログラムをサポートしています。

Students will know how to:
⽣徒は以下のことができるようになります。
(ICT)

  • The role of information as a tool for communication and learning,
  • Understanding of technology processes with the focus on design, measurement, shapes and models for airplanes, buildings, pipelines and so on.
  • Digital technology, data security, social networking.
  • コミュニケーションや学習のツールとしての情報の役割。
  • 航空機、建築物、パイプラインなどの設計、計測、形状、モデルを中⼼とした技術プロセスの理解。
  • デジタル技術、データセキュリティ、ソーシャルネットワーク。

Time Schedule Primary 1

TIME MON TUE WED THU FRI
9:00-9:15 Homeroom Homeroom Homeroom Homeroom Homeroom
9:15-9:30 Reading
Or PE
Reading Reading
Or PE
Reading Reading
Or PE
9:30-10:15 English Math Japanese Math English
10:15-10:25
10:25-11:05 Math English Math English Science
11:05-11:15
11:15-12:00 Japanese Social Education
社会教育
ICT情報教育技術 Social Education
社会教育
Japanese
13:00-13:45 Science ICT情報通信技術 Science Japanese Social Education 社会教育
13:45-13:55
13:55-14:20 Music Drama PSPE体育 Art PSPE体育
14:20-14:45 Dance Drama PSPE体育 Art PSPE体育
14:45-15:00 Homeroom/ Cleaning Homeroom/ Cleaning Homeroom/ Cleaning Homeroom/ Cleaning Homeroom/ Cleaning

After School Program: 追加授業

TIME: MON TUE WED THU FRI
15:00-15:45 Home Work Home Work Home Work Home Work Home Work
15:45-16:00 Independent Study Snack Time Independent Study Snack Time Independent Study Snack Time Independent Study Snack Time Independent Study Snack Time
16:00-16:55 ICT 情報通信技術 Reading 英語 Reading 国語 Art Math
16:55-17:00 Short Break Short Break Short Break Short Break Short Break
17:00-17:55 ICT 情報通信技術 Reading 英語 Reading 国語 Art Math
18:00 Pick Up Time Pick Up Time Pick Up Time Pick Up Time Pick Up Time

Primary 1 必須科⽬

Number
of
Lessons
Subject
8 English 英語
8 Japanese ⽇本語
8 Math 算数
6 Science 化学
6 Social Education 社会教育
4 ICT 情報通信技術
2 Art 美術
2 Drama ドラマ
2 Music ⾳楽
2 Dance ダンス
2 PSPE 体育
TOTAL 50

Tuition 2021-2022

Application Fee : ¥1,1000
(one-time/non refundable)

Registration Fee :¥150,000
(one-time/non refundable)

*授業料等は、当校が定める分割払いとなります。
*学期の途中で退学された場合は授業料等の返⾦はできません。

Tuition Fee Primary 1

1st Term (4/1-7/16) 2nd Term (8/16-12/17) 3rd Term (1/4-3/18) Annual
¥417,000 ¥476,000 ¥429,000 ¥1,322,000

*3回に分割してのお⽀払いが可能です。
*Tuitionには書籍、制服代は含まれていません。

Annual Fees :
Building Development Fees ¥100,000

Maintenance Fee ¥35,000

*これらの費⽤は毎年⽀払われます。

Tuition Assistance

当校に通うために経済的援助を必要とするご家庭にスカラシップ制度がございます。
世帯年収が250万以下であることが条件となります。
また学⼒優秀者においてもこの制度が適応されます。

Marie International School
SHUKUGAWA

夙川校 校舎イメージ(外観)

専用駐車場

Location:

マリーインターナショナルプライマリースクール夙川(小学校)
〒662-0084 兵庫県⻄宮市南越⽊岩町2-33
阪急苦楽園駅徒歩3分
Email: admission@marie-is.com
TEL: 0798-78-3830

Uniform: